医師

どうして起こる女性の尿漏れ問題|解決する為に原因を探ろう

性病知ろう

悩むレディ

昔は不治の病と恐れられた

梅毒は主に性行為によって感染する病気で、「トレポネーマ」というウィルスが粘膜から入ることが原因です。ひと昔前までは治療方法がなく、「不治の病」として恐れられていましたが、現在では抗生物質であるペニシリンを服用することで治療が可能となりました。妊婦が梅毒にかかると母子感染する可能性があり、早産や流産、または生まれてくる子どもが「先天性梅毒」になることもあります。そのため妊娠初期の検査内容には梅毒検査が含まれていて、陽性反応が出た場合は治療を行うことになっています。妊婦がペニシリンを服用すると胎盤や血液を通じて胎児にまでその効果が届くため、母子感染を防ぐことができます。また梅毒に感染しているとHIVにも感染しやすくなるとも言われているので注意が必要です。

症状と予防方法

梅毒にかかると、約3週間後に感染した部位に痛みのないしこりができたり、太もものリンパ節が腫れたりします。感染して3か月ほど経つと、顔や手足などにピンク色のあざができたり、赤いブツブツができます。これらは梅毒が全身に広がっているためであり、3か月〜3年ほどいた後症状が出なくなります。その後また大きなしこりができたりすることがあると言われていますが、現在ではほとんどそこまでの症状は見られないようです。梅毒は感染してから無症状の時期が3週間ほどあるため、自分がかかっていることに気付かない場合や、相手がかかっていても分からないケースもあります。自分や相手が感染しているか判断できない場合は必ず、コンドームを着用しなければなりません。